こんにちは!外構太郎です。

今回は、「外構店」について話してみましょう。

あなたは、「外構店の社長ですか?」「店長ですか?」「それとも、従業員の方、CADオペレータの方ですか?」

立場はそれぞれだと思いますが、この業界にいる以上損する話ではないので今のあなたの立場で考えながら、読んでください!

「外構店」は生き残れるのか?

答えはNO!です。

「何を言っているんだ!」と信じたくない気持ちはわかります。決して不安をあおる気もありません。

外構太郎も15年前はそうでした。しかし、”事実を知ってしまいました”
それまでにかかった時間は10年。

そのことをこれからお話していきます。

平成が終わり令和元年になった今世の中は速いスピードで移り変わっていますね!

普通にあったものが姿を消し、新たなものが次々に生まれています。

町の商店街は寂れ、大型スーパー「イオン」が次々と建ち並んでいます。

洋服店は姿を消し「ユニクロ」「H&M」へ。

外構太郎も道具を買うときは「マキタ」「日立電動工具」などの看板の並ぶ、町の金物屋へよく行きました。今では、大型ホームセンターの「プロショップ」が当たり前ですね。

レンタルビデオ店も良く通いましたね! 返却を忘れると大変でした。
今では、そんな心配もすることなく「ネットテレビ」で見放題ですね。

子供の運動会には「ビデオカメラ」を持って行ったものです。
最近では、超小型化されていますね。しかし、それすら持たなく「スマホ」だけで充分ですね。

車のカギも「ポッチ」と家のカギすら「近寄るだけでオープン!」もう少しで鍵の存在すら知らない子供たちが現れることでしょうね。

あなたの身の回りでこのような変化が次々と起きっています。
人間は、世の中を便利にすること、新しく簡略されたシステムを作るために努力しています。

しかし消えていくものの陰には、人の労働も奪われている側面も考えなければいけません。

これから数年でさらに勢いは増すでしょう。

その要因は、インターネットの普及と進化です。


「AI搭載の」ロボット、コンピューターなど、また、2020年からスタートする「5G」通信速度は今の100倍以上と言われています。

「5G」なんのこっちゃ!? と思われる方は「検索」してみてくださいね! 簡単に言えば、2時間の映画がたったの3秒でダウンロード出来てしまったり、通信が途切れる可能性は0に近いので、自動運転、医療手術、農作業の遠隔操作が可能と言われています。
まだまだ、驚くことがいっぱいですよ。

いかがですか。このような時代に私たちも生きていることを強く意識して考えてみてください。

インターネットが35年ほど前に誕生し、誰がそのころ「インターネット」に興味を持ったことでしょう。
コンピューターなんて一般の人があつかえるものなんて誰が思っていたのでしょうか。

どうですか、今は子供から高齢者までがインターネットの普及で「スマホ」片手にピコピコやっていますね! 片手にコンピューターを持ち歩いているんですよ!

そんな時代に!!!

「外構店」20年前と何が変わりましたか?

せいぜいCADの制作が楽になったり、リアルできれいになったくらいですね。

逆に悪い事の方が、増えていませんか?

職人の高齢化。若い人材がいない。価格競争の激化。材料費の高騰。
きりがありませんよね!

当然の結果ですね。いつまでも「下請け」仕事に甘んじていれば当然の結果です。

いいですか!外構太郎は声を大にして言います。

「このまま、何も変わらない「外構店」は早い段階で姿を消していくことでしょう」

なぜか?

それは、世の中の原理原則から外れているから・・・

世の中の流れはだれにも止めることができない!

どんなに逆らおうと、世界規模の変化が起これば国ですら変わっていくものです。

あなたがいつまでも逆らっていても無駄なことです。

お金(紙幣・硬貨)もあと十年もすれば、ほとんど見なくなりますよ!

すでに、世界の中でもこれほど多くの現金に頼っている、持ち歩いているのは日本人ぐらいですよ!

キャッシュレスの波に、のまれ始めていることはうすうす気づいていますよね!
海外旅行に行けば実感できることです!
レジ前で小銭をジャラジャラ、モタモタしているのは日本人だけですよ!

「何が悪いんだ!」と思ってもその国の人は「イライラ」して待っているんですよ!

小銭の扱いをしていないお店もあるぐらいですから!

そんな、自然の変化に対応していかないと生き残れないんですよ!

原理原則に従っていかないと・・・。

次回は、非常に大切なことですのでもう少し、「原理原則」を知っていますか?からお話ししたいと思います。

「一分一秒を大切に!」

また、ここまでであなたの意見、ご相談事、賛同してくださる方、どんなことでも構いませんのでメッセージいただけたら幸いです。    (数日中にお返事、ご回答を必ず致します。)

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。
あなたのご意見、ご感想、相談など下のボタンをクリックしてコメントをください。
 
また、誰よりも早くチャンスが欲しい人も下のボタンをクリックして「情報ください」と書いてください。